Q&A (よくあるご質問)  アートセラピー&コンサルティング「Rena-Art(ルネアート)」

Q1:臨床美術は、アートセラピーとは違うものですか?

日本人の多くが「アートセラピー」とは、 決められた絵を描かせて心理状態を分析する、
いわゆるアートサイコセラピーを思い浮かべるようです。

これらは心理学的のアプローチといえます。
臨床美術は、 医師らとチームを組んだ美術家からのアプローチであること、
そして脳科学に基づいたプログラムであることが大きな特徴です。

特徴1
美術の手法の中から右脳を使う作用が強いものを選び、
さらに感性を刺激する働きかけを行うことで 脳の活性化による効果を狙います。

特徴2
これまで美術に縁がなかった参加者からも苦手意識を取り払い、
いつの間にか自然に自己表現ができる工夫を随所に凝らしています。

さらに、制作のプロローグにあたる「制作導入」では、
五感をフル活用してモチーフ(描く対象)を感じてもらったり、 思い出を語り合うなど、
それぞれの制作にとって最も効果的な方法で 参加者から表現したい気持ち=創作意欲を引き出します。

特徴3
本格的なアート性を有するプログラムによって、

特徴4
完成した作品は、分析に用いることありません。
『鑑賞会』の時間を設けて それぞれの作品の素晴らしいところを具体的に作者に伝えます。
その繰り返しが意欲や自信の向上につながります。

Q2:どのような人を対象に行なわれていますか?

社会人:
疲れた脳を右脳から活性化したいビジネスマン、OL。 企業内のうつ病対策にも。

認知症の人とその介護者:
意欲の向上や家族とのコミュニケーション増加など、 多くの事例が報告されています。

認知症を予防したい人:
脳活性化にくわえて、新たな生きがいの発見も。引きこもり防止にも。

発達が気になる子ども:
自信や社会性の回復。ゲーム脳防止。

一般の子ども:
幼児から思春期の子どもまで、感性を豊かに育むために。

福祉教育として:
小学校・中学校、大学で。

研修として:
参加者の尊厳を尊重するアプローチ方法が評価され、介護実務者研修など。

■アートセラピーについて■■■
「Rena-Art」でのアートセラピーは臨床美術をベースにしています。
臨床美術(クリニカルアートセラピー)は元々、認知症の方々に向けてスタートしました。
楽しみながら脳をいきいき(活性化)させるアートセラピーです。
現在は社会人の方、お子さん、障害を持つお子さん など、様々な現場で導入されています。

五感をフルに使って、新しい発見をしながら、創作していきます。
絵なんて学生以来だよ、とか、苦手なんです、と、おっしゃっていた方が、
自分だけの作品を完成して笑顔になるんですよ。

完成したら、鑑賞会を行います。
(臨床美術では分析は行ないません。) Rena-Art@ミヤビ参上